かすうどんは南河内でタコ焼きとお好み焼きはおばちゃんの店がいい

更新日:

大阪に行ったらタコ焼きとお好み焼きが食べたいってよく耳にします。たしかに店さえ間違わなければ美味しいと思います。

でも他にもっと美味しいものあるのに知らないなんてもったいないなぁ!って大阪人で思ってる人は多いはず!他にもいっぱいあるんやけど、どうしてもタコ焼きとお好み焼きが有名になりすぎてしまった感がある。

最近では新世界が発信で串かつなんかも有名になってきたなぁ!新世界の紹介はこちら

そこで少しだけ紹介してみよーと大きなお世話をやきますね!

かすうどん

さぁこのかすうどんですが大阪に住んでる人でも知らない人が多いと思う。南河内のあたりで藤井寺市、羽曳野市、富田林市辺りを中心にある地元でしか味わえないうどん。最近では泉北、泉南、東大阪そして難波とかでも看板を目にするようになったかな。

なので、大阪でも北方面の人は知らない人が多いと思われる。だいたい店の看板で『かすうどん』って書いてるの見るのは南河内方面で見るくらいやもんね。

どんなんかというと、牛の油かすをきざんだモノがトッピングとして乗っかったうどんで説明はシンプルなんやけど、油かすって?と疑問に思うやろうから説明するね。

油かすとは牛のホルモンをカスカスになるまで素揚げしたモノ。もともと関西のある地域ではホルモンって本来食べない部分だった部位を炒めて食べるってホルモン焼きがあったし、その流れかもしれませんね。

牛から肉を取って余った要らないお腹の中部分の小腸の部分の油かすを素揚げしてパリパリになったのをきざんでかけうどんにトッピングして出来上り!というシンプルに簡単な『かすうどん』だけど、だしに溶け込んでなんともいえないコクがあって旨味と深みがあるうどん。

南河内の人は小腹が空いたり夜食にはラーメンじゃなく『かすうどん』って人が意外に多いのはびっくりしました(笑)

1度食べるとくせになるくらい美味しいうどんなので関西、大阪に来るなら是非とも探して食べてみるのをオススメします。またスーパーやお肉屋さんでも売ってるところがあるのでお土産にもいいかもしれませんね。ほんまに美味しいから!

タコ焼きとお好み焼きはおばちゃんかおっちゃんの店

ついでに大阪人として言っときます!タコ焼きとかお好み焼ってなんばとかで行列になってる店とかで食べてたり並んでたりするの見るとすごく残念になる。

たこ焼きの画像

なぜなら関西の人はその行列に並ばないってのが本当のところなんですね。

実際美味しいところは各所にある商店街なんかでおばちゃんとかおっちゃんがこじんまりとした店で焼いてるところの方が美味しいし、安い!地元の人はみんなそう言うと思うよー。

8個や10個で500円なんかありえへんって関西人が多いと思う。10個で200円でも高いと感じますもんね!でも今はそのくらいが相場なんかなぁ。8個100円の店もたくさんあるので探してみてはどうでしょう。キタやミナミ以外の下町っぽい商店街なんかにきっとあると思います。

大阪では、安い=旨い、っていう不思議な現象もそこらじゅうにあるので頭に入れておいてください。お好み焼も商店街で売ってる1枚250円くらいのやつから店舗で食べられる1枚500円くらいのモノまでまず美味しいのは間違いなしですよ。

お好み焼きは広島風と大阪風がある

余談ではあるがお好み焼きには大きく分けて粉を水に溶いてクレープを作るように丸くベースを作ってその上に千切りキャベツを乗せ、続いて生卵を乗せてから具を乗せて作る広島風と、先に卵と細切れにしたキャベツと具と粉を一緒に混ぜてから焼く大阪風とある。どちらも仕上がりの見た目はソースベースなのでよく似ている。食べ比べるのもいいかもしれないですね。

大阪の関連は

天王寺

スパワールド

-旅行 スポット

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.