インステップキックとインサイドパスのコツと低学年の基礎練習

更新日:

小学生の低学年のサッカーの練習の前回低学年のサッカーの練習のつづきです。

パス練習

インサイドパスをまずは覚えよう。インサイドパスはこの先の基本になる動作なので正しく身に付けることが大切です。特に日本ではインサイドの蹴り方は近年修正されています。前までのゴルフのパターのような蹴り方、軸足の相手に向けた置き方、蹴ったあとの動作は次のパスをしたあとの動作に繋がらなくて、距離も出ない。

パスアンドゴー(パスをしたあとすぐに前に行く動き)が求められるようになった現代ではもう古く、間違った基本を覚えないように正しいインサイドパス、インサイドキックを身に付けてほしいです。

芝生の上で歩いてドリブルしてるところ

その為には低学年のコーチはきちっと近代サッカーに対応した人がしているのが理想的です。

ちなみに現在では軸足のつま先をやや内側に向けて体の回転を利用して蹴るといったサッカー先進国で主流で基本とされてる蹴り方に移行されてきているようだ。

この蹴り方をもっと専門的に知りたいならはインサイドキック、蹴り方で検索すると詳しく解説されてるのでじっくりと見てもらえればいいかと思う。

ボールを当てる位置

インサイドで蹴るときに足の内側のどの部分にボールを当てるかによりコントロールや距離も変わってくる。初めてボールを蹴り出した時に一番最初に教えることかもしれないですね!

そしてインサイドパスはコントロールが第一なので足の内側の一番広い面でボールに当てる。ちょうど真ん中辺りの土踏まずの横辺りです。距離を出すときはくるぶしあたりで、カーブなどの回転をかけたいなら前の方、それぞれ使い分けるようになるかと思うが、はじめは基本からじっくりと積み上げるために難しいことを先走らないようにしよう。

シュート練習(PK)

きっと子供たちはこの練習が一番好きだと思う。ゴールがあれば誰かにキーパーしてもらいどんどんと入れ替りシュートを打つ。どこでもよく見る光景ではないだろうか。

PKのイメージ

子供らが興味を持ってしてるなら正しい蹴り方を教えてあげよう。ゴールの隅を狙ったりコントロールするのはまだ先で!まずはしっかり振り抜いて強く蹴ることが大切です。そしてこの時期にインステップの蹴り方も覚えていけばいいと思う。

インステップキック

先ほどのシュート練習の時のインステップキックだが、この先インサイドで蹴ることが慣れていけばこのインステップキックも習得していくことが必要になってくるので簡単に蹴り方を説明しときます。

  • 軸足は蹴る方向に向ける。
  • 助走は1歩くらいで練習する。
  • ボールをとらえる箇所は足の甲。
  • 足首を伸ばし固定して打つイメージ。
  • 腕をあげて上半身の反動を使う。
  • ボールの中心を通過するように蹴り出す、押し出すような感覚のイメージ。
  • 蹴ったあともそのまま振り上げる。
  • しっかりと振り切る。
  • ボールをとらえたときはボールが歪む感じがするのでそのときの感覚をつかもう。

難しい感じがするかも知れないが、全て蹴る方向も軸足も蹴りたい方向も一緒なので子供は早く覚えます。インサイドと違い足の甲の固いところで打つのでインサイドよりはコントロールが不安定ですが、練習を重ねてイメージをつかもう。

しっかりと蹴るためにはバランス感覚、体幹を身に付ける運動も同時にしていけばいいと思う。

シュート練習(ドリブルシュート)

PKと違い動いてるボールをとらえるのでしっかり当てないと強いボールが蹴れないのではじめはむずかしく感じると思う。ドリブルして蹴りやすいところにボールがくるようにドリブルでのボールのコントロールも必要になる。

しっかりと強いボールをいつでも蹴れるよう練習してるなかで感覚を身に付けることが大切です。慣れてきたらドリブルにコーンドリブルや速いドリブルなど変化をつけて練習するのもいいと思う。

自分が進化するために利き足と反対の足でシュート練習するのも更にレベルアップするので出来ればどんどんとしたらいいと思う。

つづく


ATHLETA アスレタ ジュニア SUMMERセット 2018年モデル 4点セット マルチバッグ プラシャツ プラタンク プラパン TCS-18

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.