コロナ騒ぎでのプロスポーツ観戦と小中高のスポーツ無観客の矛盾

投稿日:

コロナに対しての経済の政策。これは大切なことなのだが、患者がまだそこまで減少していなくて、専門家などが危惧する事を発信しても無理に頑固なまでも政策をやり通す感じは国民は感じているはず。

国民の生活の柱になる経済なのだが、焦り過ぎは遠回りになるのではないだろうか。ただ飲食関係だけ厳しく制限するのだったら何故それはオッケーなんだろうって思ってしまう政策。もっと国会で議論してほしい。その何故って思う事をあげてみます。

関連記事

最恐最悪なコロナに対する国の対応への不満を一般素人の私が物申す

最強最悪なコロナに対し日本の緊急事態宣言とワクチン接種への不満

忖度だらけのコロナ対策、休校と経済と残念なgotoキャンペーン

東京オリンピックの開催

観ていてワクワクしたし感動もしたオリンピック。国内外の選手たちも純粋に頑張っていたし素晴らしい演技やプレーを魅せてくれた。だが、無観客のオリンピック。何か寂しい気もした。なぜ無観客かというと、日本国内のいくつかの都道府県に緊急事態宣言が出ていたからであることは皆さんもご存知の通りです、

緊急事態宣言が出るまたは出るかも知れないという状態で無理矢理開催に持っていった政府とオリンピック委員会だが、国民の事をどれくらい考えての強行だったのだろう。少しでも早くコロナを収束させたいというのなら延期か見送りという決断になるだろうと思っていたがそうではなかった。

海外選手と海外スタッフそして海外記者関係だけに制限して入国させているとはいえ数万人が日本国内にやってきた。元々コロナウイルスは感染元を特定するのは困難でその影響は不明だが、第4波の感染者の多さと増え方からすれば残念な決定だったと思う。

オリンピックと部活の矛盾

オリンピックが開催されている中、国内の小中高の子供たちのスポーツ大会はたくさん中止や延期になった。日本国内で海外の選手たちがプレーしてるのにもかかわらず日本国民は我慢するといった矛盾が生まれた。延期ならまだ望みがあるかもしれないが中止になってしまえばもうその大会は無くなる。

また、開催されても小中高の子供達の大会では無観客試合として開催されるケースが多見られた。ここでも矛盾が生まれる。オリンピック大会を観戦しているとその日その競技には出場しない選手やスタッフそしてオリンピック委員会の関係者は観戦している。無観客として開催されながらも完全な無観客ではなかった。

プロ野球やプロサッカーまた音楽祭のイベントなどでは緊急事態宣言が発令中で人数制限しているとはいえ数千人単位の観客を入れるといった状況であった。中には1万人規模の観戦というものもあった。

一方、小中高の方では、保護者であれ観戦させてもらえない大会がほとんどだ。両チーム合わせても数十人程度の大会であっても観戦できない。数千人観戦できるとしてる大きな大会と比べるとその矛盾に何でだろうと疑問しかない。

上は良くて下はダメという今の世の中を物語っているかのようである。平等さと納得させるだけの理由はうかがえない。中には大会関係者の努力で良心的に保護者のみ観戦できる大会もある。が、全てではない。

プロ野球やプロサッカーや国際試合はプロなのだから経済に貢献している、プロだから客を入れないと儲からない。ファンの為にも…など様々な理由があるとは思う。だが、それは小中高の子供たちも同じ。特に最高学年の保護者からすれば一生に二度とない晴れ舞台は観戦したいものだと思う。簡単に小さい大会は無観客にしていれば無難だろうという考えはどうかと思う。もちろん子供がするのだから子供のために無観客にしているのだという意見も分からなくはないが、プロスポーツやイベントで大勢の人数を入れているのだからそういう矛盾は通らないと私は考える。

さいごに

まぁいちばん良いのはコロナが終息して世の中がコロナ前の状態に戻ればなんですけどね…1日でも早くそうなるようお願いしてこのコロナ関係の不満記事は終わりにします。最後まで読んでいただきありがとうございました。

-日常
-,

Copyright© 井戸端会議 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.