サッカーで使われる用語集(ポジション、ラインやエリア、カードの名称)

更新日:

ポジションの用語

フィールドプレイヤー(FP)

ゴールキーパーを除いたプレイヤーの事。

ディフェンス

守備の事、相手の攻めから守ること。

ディフェンダー(DF)

ディフェンスするポジションの人のこと。ポジションで言えばいちばん後ろの列のポジションの人。DFの中にはセンターバック、サイドバックと分類される。

オフェンス

攻めること。ゴールを取るための攻め。

フォワード(FW)

いちばん相手のゴールに近いポジションの列の人のこと。

ミッドフィルダー(MF)

フォワードでもディフェンダーでもない中盤の人のこと。トップ下、ボランチ、サイドハーフなどのポジションもミッドフィルダーに含まれる。

トップ

フォワード(FW)と同じ意味。8人制のサッカーでは比較的よく使うことば。

センターフォワード(CF)

フォワード(FW)のなかで真ん中の位置のポジション。相手ゴールに最も近いポジションです。

ウイング

フォワード(FW)のなかで両端のポジション。最近あまり使われなくなってきてる傾向です。

サイドハーフ(SH)

ミッドフィルダー(MF)の両端のポジション。11人制の場合前にFW、後ろにDFがいる。8人制ではこのポジションがFWのウイングの役割もするチームが多い。

サイドバック(SB)

ディフェンダー(DF)のなかの両端のポジション。

トップ下

ミッドフィルダーのなかの前よりのFWのすぐ後ろのポジション。攻撃的ミッドフィルダーとも呼ばれる。

ボランチ

ミッドフィルダーのなかの後よりでDFの前のポジション。守備的ミッドフィルダーとも呼ばれる。真ん中のミッドフィルダーのことを呼ぶこともある。

センターバック(CB)

ディフェンダー(DF)のなかの真ん中のポジション。DFが3人なら真ん中、4人なら中の2人がセンターバックになる。

ゴールキーパー(GK)

ゴールを守る人。唯一自チームのペナルティーエリア内で手を使うことが許されるポジション。フィールドプレイヤー(FP)との見分けがつくようユニホームの色もGKだけ色が違うのも特長です。

ラインやエリアなどの用語

ハーフウェイライン(センターライン)

コートの中心にあるタッチラインから逆のタッチラインまでのコートを二分する直線。オフサイドなどのルールにも関係します。

センターサークル

コートの中心にある円の中のこと。

センターマーク

前後半の試合開始時や得点が入ったあとに再びゲーム再開のときにボールを置くポイント。

タッチライン(サイドライン)

コートの横の両端のいちばん長い直線のこと。ここからボールが出るとスローインになります。

ゴールライン

エンドラインとも呼びゴールの入り口に沿った直線でサイドラインまでのこと。

コーナー

コートの四隅の部分のこと。

ペナルティーエリア

ゴール前に2重にある大きい方の線で囲まれた場所。ここで相手にファールをしてしまうとGKと一対一のPK(ペナルティーキック)となります。

ゴールエリア

ゴール前の線で囲まれた小さい方のエリア。この中での判定はGKに有利になるとされています。

ペナルティースポット

ペナルティーエリア内での反則でPKになったときのボールを置く

ペナルティーアーク

ペナルティーラインの外側にある半月状のエリア。ペナルティースポットから半径で9,15メートルの半円です。PKのときに立ち入り禁止エリアとなります。

審判が出すカードの種類

イエローカード

ファールのときに主審が出すカード。故意や危険行為と見なした時などに出る。

レッドカード

ファールのときに主審が出すカード。イエローカードのときよりももっとひどい場合に出る。同一人物が同一試合で2度目のイエローカードを受けた場合にもイエローカードが出た直後に連続してレッドカードが出る。レッドカードが出れば出された人物は退場しなければならない。

グリーンカード

日本サッカー協会(JFA)がU-12以下での試合でフェアプレイをした選手やチームに対して出すように推奨しているカード。イエローカードとレッドカードと違い出ると気持ちのいいカードです。

関連記事サッカーで使われる用語集、ゲーム中のオフサイドやルール上の用語

サッカーで使われる用語集、シュートや抜き技やドリブルの技の名前

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.