サッカーはすべてトラップから始まる話とトラップの重要な理由

更新日:

サッカーを観戦していて時に人目を引く目立ったプレーを見ることもある。上手い!って思わず言うようなプレーはサッカーを楽しめるひとつの醍醐味でありサッカーならではの魅力であると思う。だがサッカーの試合の中ではそういうスーパープレーをする機会はほんのわずかでほとんどはトラップと蹴る走るなどの基本動作の繰り返しだ。またそんな凄いプレーも基本が出来ていないと出来ない。

今回は今一度基本の大切さを考えてみようと思う。単純な楽しくない基本なんだが自分のプレーの質の向上やプレーの幅を広げる意味でもしっかりとできるようになってほしい。

トラップ(止める)

止める動作とはいわゆるトラップのこと。止めると書いているが決してボールをピタッと止めると言うわけではない。ボールを自分が次の動作に移すためにコントロールしやすいようにする。いわゆるボールを自分のコントロール下に置くための動作だと考えてほしい。私はこのトラップはサッカーで最も大切な要素のひとつだと考えている。

味方が自分にくれたパス、味方や相手がクリアしたボール、キーパーからのロングボール、ショートパスなど自分のところに渡ってくるボールは様々な形でやってくる。

要は次の自分のプレーをきちんとする為や良いプレーに繋げるためにもトラップは必要不可欠。シュートチャンスでいいパスをもらってもトラップミスでシュートできなくなったり自チームのゴール前で味方からのパスをトラップミスして一気に大ピンチになってしまうことを見かけることがあると思う。

チャンスを確実にチャンスにするため、マイボールを相手に簡単に渡さないよう日頃からトラップは意識して練習しておいてほしい。また自分へ来るボールは様々です。優しいゴロのボールもあればバウンドしてるボールもある。キーパーからの高く舞い上がったボールなど色んなケースに対応できるようにしておかなければならない。



状況に応じたトラップ

トラップは足元でボールをピタッと止めることもトラップのひとつなのだが状況に合わせてトラップの仕方も変わってくる。

  • 相手の居ない方や空いているスペースまたは蹴りたい方へコントロールするトラップ。これは状況により強弱をつけると同時に自分の思う方にファーストタッチでコントロールする。相手は止めるところを狙ってボールを奪いにくるので最初のタッチでボールを動かすということ。うまくいけばファーストタッチで相手を抜くことも可能。
  • キーパーからのロングボールなどの高く舞い上がったボールをトラップする。これは足元や自分の近くに止めるようにする。高いところから落下してくるボールは勢いがあるのでその勢いを弱めるように柔らかく膝や足を使わなければならない。このトラップでミスして弾いてしまうと簡単に相手ボールになるかもしれないのでミスをしないよう何回も繰り返して連絡して慣れておこう。もうひとつ胸でトラップすることも連絡しておくドリブル、。
  • 速いパススピードのボールのトラップ。味方からのパスは速いスピードほど通りやすいので速いパスでもきちんとトラップできるようにしておこう。時間がある時に至近距離から速めにパスして受けてはまた速いパスで返すなどして自然に対応できるよう感覚を養っておこう。
  • 走りながらのトラップ。トップスピードに近いくらいの動きの中できちんとトラップするのは相手ゴールに近づくのに大切な技術です。自分の進行方向に向かって出してもらうパスには走る速度を落とさないようなトラップができるようにしておこう。
  • ゴール前でのトラップ。ここでボールを保持するのがいちばん難しく自分の保持してる時間はごくわずかです。ダイレクトでシュートする以外は勝敗を決定付けるようなトラップになるところです。ファーストタッチで相手の届かないところやシュートできるところに持っていけるようコントロールできるようにしよう。

トラップの先は

トラップの次の動作はドリブル、パス、シュートです。トラップがきっちりできるようになればスムーズに次の動作に連動でき活躍にも繫がるが、上手くいかないと次の動作に繋がらなく試合を左右するような残念な結果になるかもしれない。

ボールは常に動いている。フリーキックやコーナーキックなどの場合以外のプレーはトラップから始まると言ってもいいくらい大事な事だ。また、ダイレクトにパスしたりシュートしたりするのもトラップができるようになってはじめて感覚がわかってできるプレーだと私は思う。

次回は蹴ると走るについて話します。

関連記事

高学年ではパスがとおるやり方の練習とトラップの技術を上げること

少年少女サッカーの上手になるための低学年と高学年での練習の仕方



-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.