サッカーは走るのが速い子や体が大きい子は細かい技術も修得しよう

更新日:

前回の走力や体の大きな選手ではないが一流のプレイヤーになれるという話をしたが、今回は逆にいいもの持っている場合はどうだろうか?というテーマにします。

走力がある子の特長

走力はサッカーにおいては必要不可欠な要素です。スピードが人よりも飛び抜けてあればボールを相手のゴールに向かい運ぶのに有利であるし、ボールに先に追い付くという意味でも相手との競争に勝つことができる。また、スピード感のあるゲーム展開でも存在感を発揮できる。

ディフェンスでも相手に抜かれてしまってももう1回追い付くこともできるし、ピンチになってもいち早く帰ることができる。そういう素質があるだけでこれらのことは出来てしまうという利点がある。

体の大きな子の特長

体が大きければ自分の特性を生かせてフィジカルも強いという子が多い。ドンっと体を寄せられれば大きくない子はその場所からどかされたり、ボールと体の間に相手に入られてしまう。

また、身長が高ければ高い分ヘディングも相手より有利であり強い。それはワールドカップなどで背の高い選手が多いヨーロッパのチームなどの試合を観てれば一目瞭然なのはあなたも観て分かると思う。

そして小中学生で大きな選手は成長も人よりも早いことから筋肉も早く発達してる。なので脚力も長けていてボールを遠くまで蹴れたり、力のあるボールを蹴れる。

走力と体が大きければ活躍する?

身体能力や恵まれた体があれば活躍できるかと言えばそれは違う。サッカーはそこまで甘くない。サッカーは足でボールを扱うスポーツなのでいかに上手にボールを扱うかということが重要になる。

つまり、いくら走るのが速くてボールに追い付くのが早くても素早くトラップしてコントロール出来なかったり、体で相手を圧倒してもドリブルが下手だとまたすぐに奪い返される。キック力があってもしっかりした蹴り方が出来なければボールは飛ばない。

また、必ずしも一対一とは限らない。足が速かったり体が大きい子には相手も警戒してくるので複数で対応してくる可能性もある。

せっかくいいものを持ってるのに宝の持ちぐされだともったいない。さらに特性を伸ばして自分独特のプレイスタイルを作り上げてほしい。では具体的にどうしたらいいのだろうか?

足の速さに自信ある場合

スピードに自信がある子は相手との一対一の場合には距離を置く方が得意で少し離れた位置から仕掛けて一気に抜き去るってスタイルが一般的。もちろんそれで相手をかわせるのならいいのだけれど、もっと自分のウィークポイントを磨くなら相手の動きを止めてから抜き去る方がより確実にならないだろうか。

例えば相手が逆方向に体重をかけさせるようなフェイント、一瞬止まると見せかけるフェイント、ファーストトラップで相手の遠い方にボールを置くなど足元をもっと練習して上手になれば相手の立場からすれば何をしてくるか分からなくなり迷いが生じると思う。

また、そういう子はくっつかれるのをいちばん苦手とする子が多い。相手からすれば話されないように体を寄せてくる。試合を通してそんな場面になることはあると思う。捕まえてさえいれば抜かれる心配はないからだ。

そこで足の速さに自信がある子には練習では苦手な状況を想定して練習してほしいと思う。苦手であろうがそこそこはできないとこの先通用しなくなる。相手とくっつき体重を乗せて体のぶつけ合いの練習も努めてやるようにしてフィジカルも鍛え隙を無くすようにしよう!

体が大きくフィジカルに自信がある場合

大きい体だと体をぶつけ合って優位になると次は上手いこと次のプレーにつなげないといけない。そして次につなげるためのパスやドリブルが必要になる。だが、そこで時間をかけてしまうと1度ボールを奪ったり競り合ったりした相手にまた追い付かれてしまう。

相手から遠い方の足でボールをキープしたり仲間へのパスを正確に出すなど技術を身に付けないといけない。また、ヘディングが当てれてもコントロールしないと意味がないといったようなことからもうひとつ自分の得意なプレーをより質を高めてほしい。

前回でも取り上げたが、スピードに欠けるなら動き出しの早さや予測するということも自分のプレーに取り入れてほしいと思う。

サッカーでは予測と動き出しの早さで走力や体格の不利にも勝てる

まとめ

足の速さや体の大きいということはある意味その子の特権かもしれない。だが自分のいいところを確実に伸ばしてより質の高いものにしてさらなる高みを目指してほしい。

体が大きくても他の子と比べ成長が早いだけかもしれない。今現在体がまだ大きくなってない子は大きい子に負けないよう日々足元を練習したり、細かいボールタッチを練習したりしている。そういう子があなたと同じくらいの大きさになったらどうでしょう?

考えると今のうちから大きさに頼らず細かいボールタッチや基礎をもう一回見つめ直す時なのかもしれない。

走力も大人に近づくにつれ速い遅いはあるが今ほど差はなくなる。こちらも特性に頼らず基本練習からきちっと普段からするように心がけよう。

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.