スポーツでの左利き(サウスポー、レフティ)で有利な場面や不利な状況

更新日:

スポーツにおいて右利きと左利きが存在する。そしてそれはどのスポーツにも存在する。今回は球技に関して左利きはどうなのかということを解説しようと思う。

左利きとは

手や足を使う球技するときはどちらか得意な方がある。それを利き足や利き腕などと呼び日本人は大多数の人が右利きである。それとは逆に左利きは最近では増えはしたもののまだまだ少数と言っていいでしょう。また左利きだけには野球ではサウスポーやサッカーではレフティといった呼び方をするある意味特別な存在感がある。

左利きは有利?不利?

ここからが今回の題材の本筋になる。実際には球技において左ってどうなのか?スポーツの特に野球とサッカーを主に種類に分けて有利と不利を考えてみる。

野球(baseball)

左が有利な場合

打者の場合では左打ちは右ピッチャーに対してボールが自分に近づいてくることから軌道が見易いとされている。また打ったら一塁に走る訳だが左打ちの方が一塁に近いので内安打にもなる確率が高くなる。

そしてピッチャーの左投げは右打ち左打ちのバッターは左投げのピッチャーには経験値が少ないのでボールの軌道に戸惑うかもしれないので要所で登板することもある。特に左打ちに対しては左投げのピッチャーを当てる事が野球ではひとつのセオリーとなる。

左が不利な場合

野球の内野手はゴロをとれば一塁に投げるのだが、体重のかかり具合や捕ってからの流れの中での送球では右利きの方が投げやすいようになっている。それは捕球してから送球する方向が右投げの場合は軸足方向にそのまま投げれるからである。右と左とではとってから投げるまでかかる時間に違いが生じる。一瞬という時間が大事なポジションなので内野手はほとんどが右利きである。

このことから右投げの選手はどのポジションにもいけることができるが左投げの選手のポジションはピッチャー以外では一塁手と外野手に限られてくる。

以上のことから野球では守備では右で打者では左といったスタンスが有利とされている。プロ野球でも有名選手などを考えたとき右投げ左打ちという選手が多いのもこういう理由がある。その逆で左投げ右打ちといった選手はほぼいない。野球観戦の時にそこを気にして観てみると観戦する楽しさも増えると思います。

サッカー(Football)

左が有利な場合

オフェンスにしてもディフェンスにしてもレフティ(左利き)と対戦することは数少ないと思う。なので対戦者は慣れていなく上手くいかないということになりがちである。逆にレフティはいつも通りにプレーすればいいのでその点からは有利なのかなぁって思う。フリーキックやPKに関してはゴールキーパーからすれば慣れた軌道じゃないので軌道が読みにくい感じがする。

右利きと右利きが一対一で対峙した場合、ボールを保持してる方が利き足側で仕掛けると相手は利き足とは逆の足になる。しかし右利きとレフティが一対一で対峙し右利きの人が利き足側で仕掛けても相手も利き足の左側で対応することができる。こういう事を考えるとやはりレフティは有利なんだと思う。

また左サイドからのセンタリングは左足でおこなう為にこのポジションではレフティを置くことも多く重用されるが最近は右サイドからのゴール前まで入り込んでの左足でのシュートの為に右サイドにレフティを置く傾向にある。チームにとってレフティはひとつの強みになる。

左が不利な場合

サッカーでは野球のように右回りでランナーが走ったりというような動きが無いためか左利きが不利だということはほとんど見当たらない。ただ私なりの感想ではレフティは左に頼りすぎてしまう人が多いので右の練習が疎かになりがちなので右も使えるようにしてほしいと思う。

その他のスポーツ

バレーボール、バスケットボール、テニス、卓球など普段慣れている右の軌道と違い左独特のという特殊な軌道は相手にはやりにくいと思う。スポーツでは左利きは有利な場面が多い印象はあるが、対峙するならそれに対応した練習や対策も必要になってくる。



さいごに

主に野球やサッカーで左利きを取り上げてみたがどう感じたでしょうか?左利きに対してやりにくいとか苦手とかいう人もいるかと思うがまずは苦手を克服するくらいの練習が必要かと思われる。試合での経験がなかなかできないのならチームに左がいるなら相手になってもらい意識して対峙するなどの工夫もしてほしい。

関連記事

サッカーでは予測と動き出しの早さで走力や体格の不利にも勝てる

スポーツでの時間を知り使いこなせればライバルに差をつけれる



-スポーツ(習い事)

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.