トレセン選考会で気をつける事と不合格でも結果を気にせず前へ進め!

更新日:

サッカーでのトレセン。トレセンに選ばれている、トレセンに行っているということを自分のステータスにしている。トレセンに受かることを目標にしている。そういう人は結構多い。トレセンに行っていれば周囲から凄いって思われることも多いし中学高校とサッカーを続けていくならトレセンでの経験が自分の力や自信になるかもしれない。トレセンについては以前トレセンのしくみと選考会の選考基準を分かりわすく説明しますに取り上げてます。

だがトレセンに行っているのかどうかだけで判断するのは違うんだということ、トレセンでのメリットと不合格でも気にすることは無いということを今回の課題としてみます。

トレセンとは

トレセンといっても地区トレセンからナショナルトレセンまで幅広くあります。サッカー協会は簡単に言うと将来有望だと思われる選手の発掘や育成により日本サッカーのレベルアップを主な目的としています。また地区トレセンどうしや都道府県どうしの交流試合や大会などもあり普段のチームメイトとは違ったメンバーで同じチームとして試合する新鮮さの中で実戦的にゲームの中でのレベルアップを目指す。ポジションも普段とちがうところでプレーするのもトレセンならではです。

また年に1〜2回入れ替えもあるので常に競争する環境でのレベルアップをはかると共に能力の伸びてきた選手にも受け入れのチャンスがある。

練習では個人技の練習をひたすらする訳ではなく戦術の理解やパスの受け方やオフザボールのときの動き、ゴールの狙い方やオフェンスやディフェンスの練習などです。

関連記事

サッカーのトレセン選考会を視察した実際の流れと私なりの感想

 

トレセンでのメリットとデメリットは

メリット

  • モチベーションと自分のバロメーターになる。(自信になる)
  • サッカーを学べる。
  • レベルの高い相手と練習と試合ができる。
  • トレセンの仲間や友達ができる。
  • 上のカテゴリーに繋がるので高い目標を立てれる。
  • まだまだ上がいるということを知る。

以上のように自チームではできない体験や知らないことを学べるということが主なようです。ただトレセンに行ってるからといって必ずしも上手くなるわけではなくそこで学んだことを自分自身で理解して努力し身につけることが大前提です。

デメリット

行ってるからといってデメリットが伴うという意味ではないということを理解して読んでほしい。

  • ユニホーム代と会費が少しかかる。
  • うぬぼれないようにしないといけない。
  • 上手い子が多いのでプレッシャーに感じず前向きに。
  • トレセンが全てではないということを理解する。

このように間違った考えをしなければ大して問題はない。また、トレセンに受かったからといって上手いって自分で思わないようにしてほしい。

トレセン選考会を受けるには

トレセンの選考会を受けるには各チームから受けることのできる人数は決められてるのでまずはチーム内で受けさせてもらえるよう普段から努力して自分自身を磨いておかないといけない。そして受けるチャンスを得たならチームを代表として受けることを忘れないようにしよう。

選考会では

受けるからには緊張するのは当然の事、だが大きな大会でも緊張するはず。できるだけ自分の良さをアピールしていこう。また選考会は普段のように待っててもボールを触れないことも多いので積極的に動いて止まって見てるということのないようまたオフザボールの動きにも気をつけるようにしよう。

選考会ではゴールを運んだり用意をみんなで協力してするが、積極的に自ら動く意識を持とう。自分たちのための準備です。トレセンでは人間性も見られます。また当日一緒にプレーする子ともコミュニケーションをしっかりとって声を出そう。

なるべく得意なポジションにいくのがベストだが、同じチームになった子とダブるときがあったら順番でするよう話し合うこともコミュニケーションの一つです。トレセン基準は正直選考員と関係者しかはっきりしたことは分からなく選手や保護者には分かりにくい。自分自身最高のパフォーマンスをできるよう、普段の成果を出せるようにすることが大事だ。



トレセン選考会結果

選考の合否は数日後に所属チームの代表者に連絡が届くケースがほとんどのようです。合格なら初回の参加日や使用グランドや時間なども同時に連絡がきます。不合格なら結果のみ伝えられる。そして合格者にはトレセンの1回目の練習で詳細を伝えられるといった感じがだいたいの流れです。

合格する人数

トレセン制度も地区からナショナルトレセンまで年々レベルアップがより良くなるよう進化してる。人数も毎年の学年全体のレベルやコーチの人数や区域などによりばらつきがあるので合格発表までは分からない。なのでそれは考えなく最高の状態で準備するのがいちばんの方法になる。

トレセンに受からなくても

自分の今の力を出しきった結果不合格なら悔しい思いをするとは思う。頑張ったのだから当然のことである。だが悔しい思いをしたあとは切換えて自分なりに足らなかったことや出来なかったことを思い出して考えてみよう。そして次回にいい状態でチャレンジ出来るようさらなるレベルアップをしていこう。

トレセンは数回の数時間の選考会で判断される。普段から試合で断トツに目立ってる子以外はほぼ平行線に並んでるといった状態だと考えてほしい。受かる子も受からない子も選考員の見方や見るタイミングにより違うし、その日の調子が良いとか悪いとかの違いもある。緊張しても動けるタイプや緊張したら普段とは全然違うほど出来なくなるタイプ、また選考会で一緒のチームになる子たちとの相性だったり、いつでも全力でプレー出来る子と環境が変わると遠慮がちな子などもそういう性格が左右されることもある。でもそれらは言い訳にしかならず、そういうことも含めて乗り越えないといけない。そこにも難しさはあると思うがひとつひとつ克服することもこれから大人になる上でプラスになると思う。

選考員がいつ見てもいいプレーをするように自分のプレーの波を無くす、いつでもいい状態で挑めるよう体調管理と感情のコントロールをするといったように普段の試合もそうであるよう意識を持って改善していく必要がある。たしかに試合ですごく活躍する子が受からなく、試合では全然なのにトレセンに行ってる子もいる。でもそれは選考会の点数で多い子は受かり少ないと受からないといった結果なので素直に受け止めよう。


ATHLETA アスレタ ジュニア SUMMERセット 2018年モデル 4点セット マルチバッグ プラシャツ プラタンク プラパン TCS-18

さいごに

トレセンに対しては多種多様の意見見解があるのは事実です。消極的なチームもあるしトレセンには関わらないチームもある。そういうことからトレセンに行っていても自分の知らないところで上手な子もたくさんいてる。トレセンに受からなかった子は次回もっとレベルアップしてチャレンジしてくることからトレセンに行っていてもいつ入れ替えで落とされるかわからない。常に競争なのだから自分を磨いておくということは非常に大事である。 トレセンはチームとは違う環境でサッカーのことを教わったり出来るチャンスをもらったと思い上を目指してもらいたい。

受からなかったけど実際はめちゃくちゃ上手いって子は正直いてます。パフォーマンスが下手なのか運がなかったのか体調を崩してたのかわかりません。次には悔しさをバネにさらなるレベルアップをしてほしい。受かる子も受からない子も紙一重なのはけっこうあると思います。

関連記事

試合のほとんどの時間はオフ・ザ・ボールで何をすればいいのか

 

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.