ヘディングに慣れるための練習方法と女子では試合で主導権に影響する

更新日:

前回は浮いたボールに対しての予測、ヘディング、落下地点で負けない重要性を考えた。

ヘディングをする意味が重要な訳と浮いたボールの落下地点の予測

今回はもっと細かい部分での浮いたボールに関しての話です。

ヘディングとは

ヘディングはみんなが知ってるように頭にボールを当てて扱うプレーです。大きく前方に跳ね返したりコントロールして仲間にパスをしたりシュートしたりと求められる状況は様々です。

ただヘディングするときはきちんとコントロールするようにしなければいけない。大きく跳ね返すときの方向、近くの仲間へのパスはもっと細かいコントロールが求められる。ヘディングの上手なチームと下手なチームとではボールのキープ率が大きく変わるのでまず先にボールに触れるヘディングの重要な訳を理解しよう。

ヘディングでボールを当てる場所

ボールを見ながらコントロールしやすい場所はどこでしょう?あまり慣れていない子を見ているとよく脳天(頭の頂点の部分)で目をつぶりながらしている。当然空振りするか当たっても本人でさえどこに行くかわからない。

理想的なのはおでこやおでこの少し上の部分の髪の生えぎわでするのが望ましい。頭に当たる瞬間までボールを見れていてコントロールしやすい場所がそこの部分になる。

ヘディングの練習は?

女子は特に「いたそうだ」「こわい」などの気持ちが先にくる子が多い。それではヘディングどころか何もできない。せっかくドリブルや足元が上手でもマイボールにしないと何も役に立たない。それではどうしたらいいのか?

  • はじめは至近距離で弱いボールをふわっと投げてもらいきちんとおでこに当てれるように繰り返し練習する。そのときは最後までボールを見るように心かける。
  • 家の中ならビーチボールなどの柔らかいボールでしてもいいかも。
  • 左右に散らして投げてもらい返す練習。
  • 少しジャンプするようなボールを投げてもらい返す練習。このときジャンプしていちばん高い位置のときに当てるように練習する。
  • 前から投げてもらい直角にヘディングする練習。

この繰り返しでどんどんと距離を伸ばしてする。1日で全部するのではなく毎日少しずつ欠かさずにしていく。上のボールは頭でって体に覚えこませゲームとかで自然に出来るようになるように日々繰り返しで練習する。

目を離さない、当てる場所、どっちの方向にボールを出したいかを意識してするようにしよう。

ポジションでのヘディングの役割

ヘディングをするときの状況はポジションにより異なってくる。ヘディングにもスタンディング、ダイビング、ジャンピング、バック、角度を変えるヘディングと種類があるのだが、ここではまず守りのヘディングと攻めのヘディングなどあることを理解してほしい。

ディフェンダーの場合…相手が自分のゴールに向かい攻めてくるのを防ぐ役割なので絶対に相手にボールに先に触らせないよう大きく前方に跳ね返すヘディングは必然と多くなる。他にはキーパーに取らせるためのヘディング、一旦外に出すヘディングなどすることも多い。

ミッドフィルダー…中盤では相手よりも先に当てて攻められるのを防いだり、攻めのためにサイドや前線にコントロールしてパスをするヘディングなど起点になることも多い。

フォワード…いちばんの役割はゴールするポジションなのでサイドからのクロスのボールに合わせたヘディングシュートが見せ場なんだが、他にポスト役になりサイドやミッドフィルダーにコントロールしてパスを出す場合も多い。フォワードは相手が何とかして阻止しようとしてくるので押され負けないように踏ん張ることも必要だ。

それぞれのポジションでの状況に応じたヘディングの役割も大事だが相手よりも先に当てるための工夫と練習を努力して自分のものにしよう。強いチームほどヘディングを先に当ててくるのでそこで負けないようにしよう。

浮いたボールの落下地点への予測とボールへの近づき方

前回で触れた話だが、浮いたボールにはスピードと高さから予測してどの辺りにボールが落ちてくるのか見極めることが大事だ。ディフェンスでいちばんしてはいけないことは頭の上を越されないようにすること!そのためには越されない位置までいち早く下がり、そこからボールに向かって前へと動けば捕らえやすい。

逆にフォワードは落下地点を予測したらそこでさばくのか、近くの仲間にパスをするのか勢いを利用して触らずに体を前に向けるのか個人のアイディアが問われるところだ。

ヘディングの役割は試合で主導権を握るのには必要不可欠な要素なので絶対に身に付けてほしい。これからますますヘディングする機会は増えていくことだろうから!

こちらも参考にどうぞ

女子が試合に出るための4つの要素は声と逆足とヘディングとしつこさ

 

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.