ホテル時の栖から車で約30分の道の駅すばしりで富士山を拝める旅

投稿日:

前回の続きとなります。

関連記事

静岡県御殿場のホテル時の栖へ宿泊した時の感想と施設の紹介

時の栖への宿泊で残念だった事。私がある意味いちばんの楽しみにしていたことかもしれません。それは…

富士山が見れなかった事です。天気の良い時は見えるようなのですが、あいにくの悪天候。空は灰色か真っ白け。富士山どころか青空でさえ見えませんでした。あ!この時の栖からは天候の良い日ならよーく富士山は見えるようなのでご安心を!

きっと私の日頃の行いが悪いのか、ただ運がないだけなのか…でも諦めるわけにはいきません。ここまで来たからには絶対に富士山を拝まなければ!というわけで富士山を見てやる作戦の開始です。

腹が減っては戦は出来ぬという言葉があるように先ずは朝食です。朝食はホテル時之栖の大浴場のすぐ奥にある気楽坊ってところです。なので裸足での入場となります。ここではバイキング形式のスタイルとなっていました。ご飯にパン、味噌汁に魚、目玉焼き、スクランブルエッグ、ソーセージ、サラダ、納豆、海苔など想像通りのメニューではありましたが思ったより種類は多く、味は上々で満足のいく朝食を摂ることができました。

その美味しい朝食を食べ終わり、ジュースを飲みながら天気予報をチェック。やっぱり雨だ。夜中までずっと雨予報だ。やっぱり富士山を拝むのは無理だな。ん!?でも、曇りの時間が少しあるなぁ?という事で雨雲レーダーをチェック。すると、たしかに12時くらいから雨雲の切れ目がある!時間としては1時間くらいだろうか…そして場所をチェック!すると富士山へ向かう途中に道の駅すばしりってところが良さそうではないか!

さっそくマップで検索、ホテル時之栖からは約20kmで車で有料道路を使えば26分、一般道でも35分程だ。予定的にも余裕はあるので正午前に道の駅すばしりへ行くことに決定した。

満足のいく朝食を済ませ、部屋へ戻り帰る準備をしてチェックアウトをした。まだ時間的に早いので昨日同様サッカー観戦。豪雨の中のサッカーの試合を車の中から観戦。日本全国で昨日からあちこちで警報が出ているくらいでも試合決行している。選手たちも大変だが、監督やコーチもずぶ濡れで大変そうだ。この後の洗濯も大変そうだ。真夏とはいえ風邪など引かないように願いながらキリの良いところで会場を後にした。

雨雲予報を信じてワイパー全開で目的地へと車を走らせる。あくまでも予報は予報、予報が外れればそれまでだ。もう少しすれば雨は上がってくるはず。だが一向にその気配は感じられない。この雨の中富士山のふもとへと向かっているのは私たちだけではないのだろうか?もっと他の観光地へ向かえば良かったのではないかと少し後悔をしながら進む。

ちなみに富士山の周りには、富士五湖(河口湖、山中湖、本栖湖、西湖、精進湖)、白糸の滝、音止の滝、富岳風穴、鳴沢氷穴、富士サファリパーク、富士急ハイランドなど観光名所は紹介しきれないほど至る所にあります。が、この警報級の天気では上のどこにも行くことができない。でも道の駅なら雨が降っても土産は買えるし、きっと食事も取れると思い期待を込めて現地へと到着。

さて、どうなんだろう?いつのまにか車のワイパーはオフになっていた。

つづく…

-旅行 スポット
-, , , ,

Copyright© 井戸端会議 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.