中学女子サッカーのクラブチームを選ぶ前に必ずチェックすべきこと

更新日:

前回はクラブチームに入るにあたってのメリットとデメリットについて話したが、中学女子サッカーとして続けていくのならデメリットがあろうが無かろうが入団する選択をすると思う。今回はそのチーム選びに関して考えます。前回の女子の中学サッカークラブチームへの進路のメリットとデメリットも参考にどうぞ!

女子サッカー選手達のイメージの絵

地域のチームがどれだけあるのかを調べる

まずは同じ都道府県で女子サッカークラブチームがどれだけあるのかを調べてみる。ネット検索やサッカー協会のホームページなどをチェックしてると同じ地域のだいたいチームがわかる。

その中で家からあまりにも遠くて通うのが困難なチームを省く!でも隣接する他府県でも通えるくらい近いところなら候補に入れておく。

その中で一つ一つホームページをチェックする。チェックする項目は

  • チームの運営方針
  • コーチがどれくらいのスキルがあるのか(わからないとは思うので感じた印象で)キーパーの場合はキーパー専属コーチがいてるのか。
  • チームに所属してる人数。できれば学年ごとに。
  • 練習場所、交通の利便性、自宅からのかかる時間など
  • チームの成績、試合数、トレセン選出選手など
  • 卒団生の進路

上から順番に説明すると

チームの運営方針

あなたの求めてるチームなのかどうかを自分なりに判断する必要がある。大きく3つにチームの特徴を分けてみた。

  1. 成績を重視して勝つことを主に考えてるイメージでポジション争いも激しく実力主義の方針で競争の中で個人の成長をさせてくれるチーム。
  2. 個人能力のレベルアップ、育成を主に考え今後の個人のサッカーをも見据えてくれるチーム。
  3. 楽しくチームの仲間を大切にすること重視にが軸になりその中で個人のレベルアップの練習をして楽しむサッカーのチーム。

1は地域の強豪チームに多いイメージで、戦績が良いため人気が集中するし上手な子も集まりやすい。近年は女子サッカーの競技人口の増加もあり1、2のようなチームはセレクションを行うチームも増えてきている。

2のような個人のレベルアップを重視したようなチームはスクールを開催してるチームもある。もちろん個人技に特化したレベルアップをはかるためトレセンに選ばれる子も出てくるし足元が上手になるイメージなのでこちらも人気です。

3はサッカー好きなのだけれどセレクションのあるチームのようなところでは自信がない、サッカーを通じての友達作りが楽しみって子が行きやすい環境にある。でもコーチはチームによるが近年では質の高いコーチが増えたのでサッカーも上達するということも忘れずに。

チームのホームページからこのようなチームの特徴まで読み取れるのは難しいかもしれないが、そのチームの保護者や他チームから見ての保護者の感想なども参考に出来ればより近い情報を得ることができると思う。

コーチの質を読み取る

サッカーを続けていくなら上達することは必須です。そうなれば自分のレベルアップのために良い方向に導いてくれる指導者に教えてもらうことが理想的になる。どのチームにも数人のコーチがいる。所属してるコーチは今までどのように教えてるのか、前はどのチームに所属してたのか、評判はどうか、トレセン活動のコーチをしているかなどなど知っておいた方がいいのでできる範囲で調べてみよう。

そしてコーチの人数も適度に多い方がいい。チーム内で2つにチーム分けなどしている場合は試合が同じ日に別々の会場で重なることがよくある。そういう場合でも二人ずつでも帯同して対応することができる。

またコーチはいろんな方面に顔が広い方が練習試合なども強豪と試合組めたり、進路でも関係者との繋がりがあれば情報がもらえたりと心強い。

そしてゴールキーパーを目指すならゴールキーパー専門のコーチがいるのといないのとではかなり差が出てくる。キーパーはフィールドとは違い手を使うポジションなので練習メニューも別々になる。キーパーをよく知ってるコーチに指導してもらえれば心強いし、信用して練習に身が入ること間違いないだろう。

チームに所属してる人数

これは人数が多すぎると練習の時に自分をコーチに指導してもらえる割合の問題だが、その分コーチの人数が多ければ問題ないだろう。そして人数が多ければレギュラー争いも激しくなる。ベンチにすら入れないということも出てくるとは思う。

だがその競争がお互いを高めるということに繋がるとも考えられる。また、多いと賑やかで練習も試合も楽しくなる。

どちらを選択するかは個人によって価値観が違うのでいちがいにどうとは言えない。しかもあなたが入団してから後に入団してくる子がいてる可能性もあるのであまり気にしなくていいかもしれない。

いちおう目安として競争もできて個人的な練習の質を求めるとすればコーチ4人として1学年に15人くらいがいいくらいではないでしょうか。

練習場所へのアクセス

チームにより平日の練習日はちがう。中学にもなれば勉強も忙しくなってくるが、週に平日3回4回練習とかになれば時間をいかに作るかって問題も出てくる。練習時間は決まっているが練習に通う時間は交通手段によるところが多いのでなるべくなら通う時間を少なくしたい。

すごく希望通りのクラブチームでも時間をかけて通っていると体力的にも疲れるし、疲れた状態で質の高い練習をこなすのも良いパフォーマンスをすることも困難になってくる。また、電車で勉強するならなるべく乗り換えの少なく行けるところが望ましいと思うし、遠かったり乗り換えが多いと交通費もかかる。

送迎する場合もなるべく有料道路を使わなくて行ける場所にすることをすすめます。チームに魅力を感じて決断しようとしてるときは交通のことを見落としがちになりやすいので注意してほしい。

年間にすればかなりの頻度になると思うので体力的にも金銭的にも冷静に考える事が必要だ。練習へのアクセスは非常に大切な要素なので重点的に考えて!

チームと表記しているトランプ

チームの戦績、試合数、トレセン選出選手

ホームページで前年度の大会の成績や結果が載せてあるので必ずチェックしといてほしい。その理由はそのチームが地域においてどの位置にいてるのか、どんな相手と試合しているのかを知ることができる。

また、チームによってはトレセン選出選手も載せてあるところも多い。そのチームに選出選手が数人いれば同じチーム内の練習でそういう子と対戦したり、アドバイス受けたりできるので結果自分の為になる。

そして試合数なのだが、サッカーでは試合経験も個人の能力をレベルアップさせてくれる。そのため試合が多い方がより経験を積むことができる。そこにはもちろん試合に出れるように日々練習でライバルに勝つことが前提てはあるけれど。

また、小学生の主である8人制のサッカーのルールから中学生は11人制のルールに変わる、試合時間も20分ハーフから30分ハーフになる。その為にも中学生サッカーに早く慣れる必要もあるので試合経験が必要になってくる。そういうことから試合が多いのに越したことはない。

卒団生の進路

そのクラブチームから卒団するときどんなところに先輩たちが行っているのかは今後を見据えてチェックしておくと参考になる。

その他参考までに調べるポイント

  • 練習場所は土か芝かどっち?
  • 募集予定人数と締め切り日
  • 体験練習やセレクションの日にち
  • チームに入団後の動向

これらのこともあなたに関わってくるので調べておいて計画や予定をたてよう。

まとめ

入団してから卒団するまでは3年間だが、最後の全日が終わりリーグ戦が終われば受験生になるのでしっかり活動するのは2年半くらいかもしれない。その期間はあっという間に過ぎてしまいます。濃い充実した中学サッカー生活を送れるためにしっかりと下調べをし入団してから後悔をしないようにしてほしいと思う。

あなたが少しでも良い環境で中学生活を過ごせて良きライバルや素晴らしい仲間と出会えるよう願っております。

関連記事

ジュニアユースのチーム選び、強いチーム?どこに重点を置くのか

 

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.