孫へのプレゼントの絶対に失敗しない選び方の秘訣とその訳とは

更新日:

大人どうしのプレゼントよりも子供にあげるプレゼントの方が選択に悩むということが最近わかってきた。おじいちゃん、おばぁちゃんなら尚更難しいと思う。

おじいちゃん、おばぁちゃんが孫へのプレゼントを悩むわけとは

自分の回りでもよく相談されることがあり今回はこのテーマを取り上げてみました。まずは年齢差からの時代の違いです。これは今の子供の流行が何なのか分からないってことです。日常でずっと子供と接してる訳ではないし子供社会とは遠い生活をしているとニュースや親と話すくらいしか情報が入ってこない事情からのようです。

次には孫が可愛くて喜ぶものをあげたくて考えすぎるのも原因となっているようです。たまに会う孫のために喜ぶものを、より良いものをって気持ちが強いためについ考えすぎてしまい分からなくなってしまうのも祖父母の特徴のようです。祖父母の孫に対する愛情がそうさせてるんだからこれは仕方ないですね。

また、好みや趣味がわからず決められないって方も多いんではないでしょうか?大きくプレゼントしたいものをしぼって買いに言ったとしてもその分野では何種類もありそこから何も進まなくなるってのもあるようです。また、遠く離れてるならゲームでは機種の種類やソフトの種類、ソフトでもシリーズがあったりする。服ならサイズと好みの色や趣味が分からない。孫のことを思えば思うほど考えすぎてしまいますね。

では実際のところどうすればいいのかってことを考えてみましょう。

プレゼントの選びかた

孫と一緒に買いに行く

いちばんいいのは一緒に買いに行くって方法がより希望するものを買ってあげれて、喜ぶ顔も見れてそして一緒に過ごせるといった良いこと尽くしの方法です。楽しく食事も楽しんで孫の喜ぶ顔も表情も直に見れるし最良の方法だと思います。サプライズ的なプレゼントを考えている方には合わない方法かもしれないですが、一緒に過ごせる時間って子供が子供でいれる数年しかないのでぜひとも一緒に楽しい時間を過ごしてほしい自分からの願いもあります。サプライズしたいと考えているなら一緒に行くことを内緒にして突然孫と合うと孫はすごく喜んでくれると思うので、そういうサプライズにしてみてはどうですか?

ここで注意してほしいのは、出来れば親に同行してもらうのがいいです。似通ったものやサイズや種類など年齢にもよりますが子供に聞いても分からないといった事態を回避するためと、子供が高価すぎるものや複数欲しがるというときには親から言ってもらわないといけないことからです。

親が同行できない場合は買う前に電話とかでやり取りすればいいと思います。

プレゼントを持っていく又は送る場合は

近くや同じ都道府県に住んでいれば一緒に行く選択ができますが、必ずしもみなさんがそうではありません。遠距離や体力的に一緒に行くことが困難な場合は贈り物にするか持っていくという選択になるかと思います。

その場合は子供からどんなものが欲しいのかを直接聞いた上で親に細かい部分を聞くのが最良の方法です。子供の喜ぶものを詳しく知っている人はやっぱり親ですもんね。親に聞くのは同じものが被らないようにするのと、本当に必要なものなのかを確かめる意味でも相談することは大事です。

気をつけてほしいのは衣類は綿密に相談して買うか避けるかした方がいいです。一緒に行くならおすすめですが、子供の流行と好みはこちらが考えてるものと一致しないことがほとんどです。ジャージやカバンなどはいいとは思いますが、男の子はかっこいい、女の子は可愛いって感性が一致しないと着ない場合があるので要注意です。

現金やギフト券は?

これは年齢が中学や高校になれば有りかもしれませんが、誰にもらったのか分からないといった事にもつながるので自分はおすすめではないです。それはプレゼントとはいえもらうことの有難味を持ってもらいたいのと形ある気持ちのこもった物をもらう大切さを知ってほしいからでもあります。

大変なことですが、一緒にその子のことを考えてあげて買うっていうおじいちゃん、おばぁちゃんの気持ちが孫に伝わり孫を成長させるのではないでしょうか。

プレゼントの具体的なものを次回は考えていこうと思います。

 

-日常

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.