少年少女サッカーのスペースの意味と作り方の練習と距離感

更新日:

高学年の練習のつづきです。

スペース

スペースとはいろんな意味を持っている。パスをもらうために相手の足の届かない空間、絶対にパスがとおる空間ってイメージでいいと思う。さてこのスペースといわれるものだが、ここを上手に使えるようになるとパスをもらうことも多くなるし、キープもしやすくなる。

スペースはどこなのか、どうすればスペースが空くのか技術とは別に頭を使うという作業がここでは求められる。ボールばかり見てるとそういうところに気付かない。ボールの位置と相手と味方の位置を常に把握しておく必要がある。

空いたスペースもあれば、自分たちが動いてスペースを作るということもある。個人で動いてスペースを作ることはチームで協力して作ることになる。チームプレイも必要なのだが、その前に個人個人の質を高める必要もある。

高学年では

一般的に低学年の時はひとりで3人4人とドリブルで抜いてシュート出来てたのに高学年になればなるほど低学年の時のようにいかなくなってくる。

これは上手くなくなってきたのではなくてディフェンスする側の技術も知識も高学年になると上がってくるということと運動能力の違いの差が少なくなってくるということを頭に入れておいてほしい。

ひとりでは止めれない相手だと二人でマーク付いたり、抜かれてもまたすぐに追い付ける筋力も付いてくるし指導者も質の高いトレーニングもするようになる。

そうなれば当然パスすることが必要になるのでパスをもらうための動きも必要になる。相手に重ならないように動いたり、相手のいないところでもらったり、相手の気付かないところに出してもらったりとパスをもらう状況は様々です。

そして相手のゴールに近付くほど当然のようにスペースが無くなってくる。その分ゴール前のスペースでボールをうけると得点に結び付きやすくなる。スペースをいかに上手くつくか、守りはどうやってスペースを作らないかが大事になってくる。

協力

スペースの使い方は正直難しいと思う。それはひとりでは出来ないし、そこにはパスのタイミングも精度も求められるからだ。パスについては前回高学年ではパスがとおるやり方の練習とトラップの技術を上げることで取り上げましたので参考までに。

そして、みんながボールに群がっていれば相手も群がる。それは低学年で学んだはず。時には自分についてるマークを自分が動いて連れていきスペースを空けてあげるなどの献身的な動きも必要になる。そういうことが自然に身に付いているチームはやはり強いイメージがある。

スペースは身体能力ではなく頭脳的な要素の方が多く含むので練習の時はコーチの言ってる意味をきちんと理解して自分が意識して考えて動くことをしていこう。

そしてそこにコーチングされて行くことから自分でスペースを見つける、さらにはそこを上手に使えるプレイヤーになるため日々試したり考えたりしてほしいと思う。

距離感

これは練習とは違う話になるんだが、大事な要素なので触れておきます。

ここで言う距離感とは

  • 自分がボールをキープしている時に自由に動ける相手との距離
  • 自分がボールをキープしている時相手が自分の方まで到達する距離
  • 自分がゴールに向かってボールをキープしている時にキーパーとの到達する距離
  • ディフェンスの時に相手に抜かれないよう対応することの出来る距離感

などのことを指し、個人によってそれは様々です。

走るのが速いがくっついたら力で負けるならボールを保持してる時は相手との距離は遠くなる。相手をかわすためのドリブルやフェイントを仕掛けて加速するのも離れた距離からがやり易い。

走るのがそこまで速くなくてもくっついたりフィジカルを得意とするなら近くで体をぶつけ合いながら進むのが得意だし、キープ力も自信がある。だから仕掛けるのも相手がくっついてもできる。

簡単にふたつの極端な例をあげてみたけれど距離感は人によって違う。

それとは別な距離感もある。例をあげるとシュートしようとしたとき相手のディフェンスの人が自分のシュートをブロックするために足を出すまでの感覚的な時間。自分の中でこのくらいまでにシュートを打てば相手に触らせないという距離と時間です。

せっかくシュートチャンスがあっても、いちいち利き足に持ち替えてせーのーでシュートってシーンを小学生の試合ではよく見かけました。サクッと蹴れば入るのにって見てたけど、そういう経験を感覚でつかむための意識を持って練習すればいいのになぁって思います。

いかに早く強く正確に両足どちらでも打つことが出来るか…ですね。思うより難しいと思う。でもその難しいと思うことを自分のものにしてしまえばすごくプラスになってプレイの幅も広がると思う。

距離感や自分がボールを自由にできる自分時間を考えて練習するのもためになると思う。それが出来るようになれば自分だけの絶対的な時間と空間を持つことが出来るようになる。もちろん自信も付く。

とりあえず視野を広げていろんな意識を持って練習しよう。

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.