少年少女サッカーの上手になるための低学年と高学年での練習の仕方

更新日:

前回にボールを使う前や使わない練習少年少女サッカーの上達して活躍するためのチーム練習を解説するのつづきです。

低学年と高学年

低学年

まず、低学年と高学年は大きな違いがある。つい最近まで保育園や幼稚園だった低学年は足の動きもぎこちなく感じるし、ボールが大きく感じるほどまだ体が小さい。

ボールを蹴ってもそんなに飛ばないし、技術もまだ身に付く前なので単純な動きで利き足と違う逆足では蹴れないって子がほとんどである。でもそれはこれから練習していく上で自然に身に付いてくるものなのでこの世代ではまずはボールに慣れることが大切です。

今はサッカーが好き、すごく興味がある、ボールを追いかけたり蹴るのが楽しい、好きなサッカー選手の真似をする。などでもじゅうぶんです。興味を持つことが上手になる近道です。

パパやママが公園に子供と行って一緒にボールを蹴っても対応できる年代なので、出来れば一緒に練習や遊びをしてあげればいいと思う。逆に言えばこの時期しか子供に勝てませんからね(笑)

興味があるならどんどんDVDを見せてあげるのもいいし、サッカー観戦に連れていっても子供にはかなりの刺激になる。まずはいいプレーとサッカーの楽しさをいっぱい知ってほしい年代でもあります。

高学年

高学年は筋力が徐々に付いてきて体のぎこちない動きがだんだんとスムーズな動きになってくる。そしてサッカー経験の無いパパやママは子供にかなわなくなってくる。

体力も付いてきてゲーム中ずっと走り回れるようになる。親は子供に「もっと走れー」とか言って応援すると思うが、きっと心の中では「よくあれだけ走るなぁ!」って思っているはず…

筋力が付いてくると平行して遠くまで蹴れるようにもなってくるし、素早い動き、左右の動き、ダッシュ力も変わってくる。考える能力も付いてくるので相手の裏をかく動きやボールに対しての予測する力も付いてくる。

自発的に判断できるようになるので自分で考えて練習するようにもなる。

低学年~高学年と練習の内容も質も求められる事も変わってくるので当然それに合った練習をしていくことになる。

低学年のボールを使った練習

リフティング

リフティングの練習はコーチや友達にコツやアドバイスをもらうだけで基本自分で感覚をつかむまでやります。ある程度こなせば突然何かをつかんだかのように出来るようになるのでなるだけコツコツと諦めずにすることが大切です。

リフティングでボールをどのくらいの力で蹴ったらいいのか、真っ直ぐ上げるにはどうするかを何回も時間をかけて感覚をつかもう。

コツを考えさせるよりも、数をこなすことです!そして上手な子の真似をしたりしてもいいのでリズム良くボールをよく見てを心がけて根気強く頑張ってしよう。

ボールタッチの練習

ここでは下にボールを置き、自分の前に置いて左右の足を交互にボールの上に乗せたり、真下に置いて同じ作業を繰り返したりする。また、真下に置いて足の内側で左右にボールを動かす。

ボールタッチはボールを扱う上では絶対に付いて回るくらいに大事なことなので毎日50~100回はして足にボールが吸い付くような感覚になろう。そして慣れよう。

簡単なことが出来るようになってきたらだんだんと複雑な動きを加えて足の色んな箇所でボールを触って感覚を身に付けよう。

同じ場所で出来るようになってくると次には動きながら同じように出来るようにしよう。前向き、後向き、横向きまで出来るよう、慣れてくれば正確に速くそしてボールを見なくても出来るようになれば完璧です。

ただ出来るようになってもずっと繰り返しやり続けることが大切です。ボールをこれから扱っていく上での基礎になるので必ずやり続けよう。

ボールを足で触るのにはいろんなやり方や触れる場所があるのでなるだけ多く出来ればボールタッチの感覚が身に付きます。

ドリブル

サッカーではドリブル、パス、シュートといった基本的な重要な動きがある。そのうちのひとつのドリブルは低学年のうちは試合でも主流である。ボールをキープしながら前(相手のゴール)に向かう手段です。

はじめは真っ直ぐ直線を引いて好きなようにドリブルをする。距離も30~50メートルくらいにしてとにかく真っ直ぐ出来るようにしよう。

出来るようになればどんどんと速く出来るように意識してしよう。慣れてくればタイムを測ったりリレーしたりして練習すれば速く出来るよう意識してするかもしれないですね。

ドリブルが速くなれば今度は短くて細かいドリブルをするようにしよう。足にずっとくっついているメッシ選手のようなドリブルを意識してね!

コーンドリブル

コーンとは円すい状のプラスチックで出来たもので5個以上直線上に並べてコーンがなければマーカーでもいいので下に置いてジグザグにドリブルをする。常に前を向よう体の向きを意識して確実に出きるようにする。確実になってきたら今度は速さを加えて意識してしよう。

はじめはインサイド(足の内側で)を意識して、慣れてくればアウトサイド足の外側も使う練習をしてもいいが、低学年のうちはインサイドが基本になるので確実に出きるようになる方を優先した方がいい。

リズム良くバランス良く慣れてくれば顔をあげてするようにも心がけてしよう。

関連する記事は↓

習い事のサッカーチームを選ぶ方法と費用は?親としてすることは?

つづく


ATHLETA アスレタ ジュニア SUMMERセット 2018年モデル 4点セット マルチバッグ プラシャツ プラタンク プラパン TCS-18

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.