日本女子サッカーは弱くなった?ワールドカップ優勝前と後での変化

投稿日:

前回の続きとなります。今回はワールドカップ優勝前と比較して変わったことは何かということがテーマです。

前回の記事

日本女子サッカーの低迷と勝てなくなった理由は技術ではなく気持ちの弱さ

日本中だけでなく世界を驚かせた当時のなでしこジャパンのワールドカップ優勝という快挙は日本女子サッカーの流れを大きく変えたのではないかと思います。また、この影響で女子サッカーを知った人や始めた人も数多くいることと思われます。

ワールドカップ前の日本代表と候補

元々、国内では女子サッカーは人気も低く注目度も低かった。そのため競技人口も今とは比べものにならないくらい少なく、小中高と女子サッカーチームは少なかった。

社会人チームも少なく知名度もかなり低かった。小中まで男子チームに混ざってサッカーをするが、中学になれば男子とは身体の構成上どうしても差が出るので行き場を失いサッカーを諦める人も多かった。

競技人口が少ない分、上手な選手はより目立ち、上の組織から注視されやすかったので、今よりは上へ行くチャンスはつかみやすかったのかもしれない。

今のように一定の水準以上などというふるいをかけるようなやり方が無かった、もしくは今よりは甘かった。走るのは人並みだけどパス能力やゴール前の嗅覚や危機察知能力が特に優れている選手でも上へのチャンスは多かった。

勝たなければというプレッシャーは今よりは少なく常にチャレンジャーとして伸び伸びとプレーできていたように感じる。

ワールドカップ優勝後の日本代表と候補

王者として勝って当然という見方が強くなった。特にワールドカップには出場して当然ととらえられるようになった。

優勝したことにより興味を持つ少女たちが急激に増え、上へ上がるための選手たちは一定の基準を全てクリアしていないと上の組織からは見てももらえなくなってしまった。

上へ上がって地区代表や日本代表などに選ばれることの難易度がアップしたので選ばれた時点で満足してしまう選手が多くなったように思われる。また、上手さに特化しすぎて勝つことへこだわる執着心は以前とは比べものにならないほど見受けられなくなってしまった。

男子のように携わるスタッフの全体数がまだまだ少ないので少数の上部の意見が通ってるような気がする。

綺麗にサッカーをしすぎていて泥臭いサッカーをする選手がいなくなった。または、いるけれど上へ選出されにくい環境になった。練習や選考会で上手い選手が選出され、試合や本番に強いような勝負強い選手がいない。または選ばれない。

気持ちからくるのだろう、絶対に負けない、取られたら絶対に取り返すという気持ちが感じられなく、フィジカル(体の強さ、当たりの強さなどのパワーの強さは世界レベルどころかアジアレベルでも下位ではないだろうか。

代表チーム関係者が街クラブや予選敗退するようなチームには足は運ばない。プロ組織のあるようなJ下部などの強豪チームから簡単にストレートに上に上がる。

サッカーは上手いが勝負には弱い子が多すぎる。練習や選考会でどういうプレーをすれば選ばれるのかを知っている選手は上へ選出されやすく、能力はあっても練習や選考会での良く見えるプレーを知らない選手は選出されない環境になってしまった。

海外選手、海外チームとの比較から見える差

アジアも含めた海外の選手は観戦してても観てとれるようにフィジカルが日本選手よりも断然強いです。なのでかつての日本サッカーはパワーで対抗するではなく、圧倒的なスタミナとスピードと早いパス回しで対抗して頂点へと昇り詰めました。

すると今度は海外が日本サッカーのいいところを取り入れてレベルを上げてきました。特にスタミナではどのチームも大きく強化してきて、今では日本はスタミナでは海外選手よりも勝っているという事はなくなりました。

では日本サッカーはどうでしょう?以前と比較して上手さも基礎能力も高くなったと思います。ですが、フィジカル的には少し強くなったくらいでまだまだ世界からは置いて行かれてます。フィジカルよりも技術や戦術に重点を置きを力を入れてきた結果ではないでしょうか。

マンガのように華麗な動きで相手を交わす動きは魅力的です。ですが実際はそうはいきません。相手と身体をガチガチにぶつけ合うことが多いスポーツです。当然身体を当てる強さは必要になります。相手選手より技術が劣っていてもボールに1番近い場所を譲らなければボールはキープできますしボールを奪うこともできます。日本代表より技術的に下かなぁって思われるチームに負けたり苦戦するようなことをよく見ますが、こういうところだと思います。

海外チームはフィジカルの強さは相変わらず強いです。それに増して日本の得意とするパスワークやスピードとスタミナを取り入れたのなら日本チームとしては苦戦するのは当然です。

もうひとつ、「絶対に勝つ」という強い気持ちです。ひとりひとりの執念のような気持ちは世界に置いていかれてるような気がします。アジアの中でも他国よりも明らかに劣っているように見えます。その違いは何なのでしょう。

日本代表に選ばれるという事で満足している選手、技術はAクラスだがフィジカルや負けん気が弱い選手、綺麗なサッカーばかりにとらわれ泥臭いサッカーはし慣れていない選手が多く思われるのは気のせいでしょうか?

他国との環境の違い

国によりサッカーへ取り組む諸事情は違います。育った環境もスポーツへの力の入れ方も国の経済的なことからの活躍すれば裕福になれるという国もあるし国によって様々です。ハングリー精神からすれば恵まれている環境の日本選手は他国よりも劣るかもしれません。ですが、先進国でも強豪チームは多く、それを言い訳にする事はできません。勝利して得るものの価値観の違いはあってもその気持ちにも負けない気持ちは絶対に必要ではないかと思います。

さいごに

この記事はイチ素人のサッカーファンの個人的な見解、意見、願いがほとんどであります。女子サッカーを応援してるが故に厳しい記事となってしまったことをお許しください。

全日本の監督が変わることをきっかけに再び世界チャンピオンとなると期待を込めてこれからも日本女子サッカーを応援し続けていきたいと思います。

-サッカー
-,

Copyright© 井戸端会議 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.