習い事のサッカーチームを選ぶ方法と費用は?親としてすることは?

更新日:

サッカーチームに入りたい

サッカーについてですが、皆さんご存知のように近年では男子の子供のスポーツではサッカーが1番に人気があり競技人口も多いです。

小学生のうちは男女混合チームがほとんどですが、女子のみのチームも日本全国にあります。中学生になれば男女別々のチームに分かれますが、女子の中では男子チームに混ざったり部活で男子と頑張ってる子もいてます。

基本1年通してオフシーズンはなくて暑いときも寒いときも練習や試合をします。練習時間はサッカーの場合2~3時間くらいで練習の場合はだいたい弁当は要りません。

サッカーは練習よりも試合の方が体力消耗しますが、試合で最後まで走り回れるために走り込みが必要です。サッカーはW杯や日本代表戦とかで観るように11人制ですが、2011年頃から少子化の影響をうけて小学生サッカーでは8人制が主体になりました。

試合は学年ごとに分かれてます。たとえばU-12以下の大会、U10以下の大会などなるべく同学年どうしで試合するようになってます。

なのでチームの方針によりますが、大抵のチームでは幼稚園児から6年生までたくさんの試合や大会があり入部してから卒団するまでたくさんの試合経験ができます。サッカーは特に試合を通じて上手くなるし成長もするといわれてますので試合は多いです。

保護者の人も観に行く機会も多くなるし写真や録画など子供の成長を残せる面でも楽しみが増えることと思います。

自分のところにボールがなくても常に走りまわらなければならないスポーツなので確実に体力はつきます。いつも泥だらけになりますが免疫力も高くなると思ってそこは我慢しましょう!

足で足を蹴ったりつまづいたり転んだりしてスリ傷や打撲や肉離れや打ち身など怪我は絶えませんがそれも体を強くしてるんだと思います。

近年サッカーが普及してきたのに伴い天然芝や人工芝のグランドも増えてきて、そういうところで試合や練習をすると子供たちはテンション上がります。また、芝生では保護者も汚れが少なくなり喜びます。

ボールひとつあれば個人でもリフティングやドリブルの練習できますし目に見えて子供が上手くなるのがよくわかります。10歳くらいになれば子供にリフティング勝負しても親はかなわなくなります。

チーム選び 

少年サッカーチームはだいたいのところは市町村にいくつかあります。同じ地域に2つ3つあるところもあり、自転車で子供が通えるところにあるイメージあります。強く有名なJ下部(Jリーグの下部組織)チームや有名な地域の強豪チームから強くないけど楽しめるサッカーチームなど様々です。

チームに所属しててまだ上手になりたくてサッカースクールなど通ってる子もいてます。チームを見極める親のつとめとしてはまず自分の子供に適したところを第1に考えてほしいと思います。

サッカーが好き、楽しい、おもしろいってことが1番大事なことです。そこから上手くなりたい、試合に出て活躍したい、勝ちたい、優勝したいって目標ができてきます。

自主的にやりたくて楽しく出来るのがいちばん子供のためになります。プロサッカー選手になるって夢を持つかもしれません。でもプロサッカー選手になるのはすごく難しくて一握りの人だけです。それでもいいんです。楽しく充実して出来るならそれがその子のこの先の宝になります。

チームの監督やコーチや保護者たちによってサッカー出来る環境が違います。私が思うには監督やコーチや保護者は脇役でサポート役です。

子供が主役です! 

監督コーチ保護者が前面に出て目立つチームはダメです。子供たちが考えプレーして努力して時には言い合いや意見の食い違いもあるでしょう。でもそれでもいいんです!

ひとつの目標にチームメイトと向かい頑張ることが子供を成長させてくれます。大人はそれにサポートしてあげることそれだけでいいんです。もちろん共に協力してあげたり共に喜んだり感動して泣いたり大人しかできないことをしてあげることも大事なことだと思います。

チーム選ぶ前にはそういう観点から地域のうわさやホームページからの印象などで判断してあげて下さい!

もし入ってからあれ?って思うような事があれば違うチームに行けばいいですが、子供が友達とそのときに離れるのは寂しいと思うのでよく考えてから決めて下さい。

保護者との関係

保護者の役割(当番など)多いところもけっこうあります。でも野球よりは役割少ないイメージです。ただ仕事や色んな用で当番をなかなかすることが出来ない保護者の人もいます。そういう人に理解あるチームだといいのですが、そうではない場合も想定して子供のためのいいチームを探しましょう。

忙しくて手伝いとか困難な人は入部する前に責任者にその事を先に伝えておくか、手伝いがしなくていいチームを選ぶかした方がいいかと思います。またそういうチームも多数あります。

保護者あっての子供なのはたしかなのですが、やはり子供が中心で考えてくれるチームが子供のためにも保護者のためにもいいと思います。

入部に必要なモノ 

サッカーシューズ

サッカーシューズ

スパイク、トレーニングシューズ、ソックス(練習用 試合用)、ユニホーム上下(練習用 試合用)、レガース、ボール(4号球)、アンダーシャツ、冬にはピステ、ベンチコートなど。

最初は上記の用意に2万円前後くらいと入会金と年会費と最初に払う月会費がプラスかかります。男の子なんか特に友達との関係でサッカーをしたいって言い出すこともあるかと思います。しっかりチームの状況を調べ準備して無料体験など利用して子供のために頑張って下さい。


ATHLETA アスレタ ジュニア SUMMERセット 2018年モデル 4点セット マルチバッグ プラシャツ プラタンク プラパン TCS-18

その他のスポーツの習い事

野球チームにはいりたくなったら親としてすること

空手、水泳、テニス、バスケットボール、バレーボールなど

 

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.