試合のほとんどの時間はオフ・ザ・ボールで何をすればいいのか

更新日:

オフ・ザ・ボールとは

サッカーでは1試合を通してボールに触れてる時間はほんのわずかで試合時間のほとんどがボールに触れていない時間です。このボールに触れていない時間をオフ・ザ・ボールと言う。オフ・ザ・ボールの時間は試合中のほとんどの時間を示すことからサッカーではこの時間の使い方次第でプレーに大きく関わってくることは皆さんは知ってると思う。では、どういったこの時間のプレーを求められるのかというと

  • ボールばかりを見て、いわゆるボールウォッチャーにならない。
  • いつでも攻めや守りの準備をしておく。
  • 自分のマークを見ておく。

どれも大切なことで皆さんはよく言われてることだし知ってることだと思う。そして実行してると思う。でもはたしてきちんと出来てるかな?しているつもりで試合に集中して勝ちたい気持ちが忘れさせてないやろか。もう一度考え直して再確認してほしい。

ボールを持ってないとき

どこのポジションであれチームとしては連動するということが大事。ボールを持ってるすぐ隣のポジションならいつパスが来てもおかしくないので常にボールをもらう準備はしていると思うが、遠く離れたポジションではどうだろうか?

試合を見ているとボーッとボールの行方を見守っているだけの子は多い。本当にもったいないと思う。そして強い強豪と言われているチームほどボールウォッチャーはいない。遠く離れたポジションでも絶えず首を振り回りの状況を把握しながらスペースに移動したり、攻められると危機になりそうな場所の穴埋めをするための準備をするということは怠っていない。

連動する、チーム全体でサッカーをする、全員プレーとはこういうことなんだと理解してほしい。

準備する大切さを知る

準備するのとしないとではどう変わってくるのか?ということを知るのも準備をする大切さを理解するのに必要なのかもしれないので少し例をとって考えてみよう。

例えば、サイドのポジションをしている場合に自分の逆サイドにボールがある時にどうするのか?自チームがボールを保持しているときに大きく自分のサイドへのサイドチェンジのロングパスが来ても対応できる準備はできているのか?または、自分の隣のポジションにボールが渡った場合、次は自分のポジションにいつパスが来てもいいように準備は整っているのか?もしかしたら相手ゴール前にチャンスはないだろうか?

守りでは自分のマークする相手が前に走ってパスをもらおうとした場合にきちんとマークを外さないよう対応できる位置に付けているのか、パスを出されると危機になる場所に気付いてていつでも対応できる準備ができているのか?

その時の状況により対応の仕方はそれぞれで、決まった形はないのかもしれないが、自分の回りの状況を常に把握する、ボールがいつ来てもいいように対応できる最短距離までいつも先に動いて用意しておく、自分のマークする相手よりも優位なポジションを取れているのかということはどんな時でもしておくことは絶対である。

特に先に予測して相手よりも先に動いて用意しておくというのは、ボールの動くスピードは人が走るスピードよりもはるかに速いということをいつも頭で理解して入れていてほしい。そして次の予測の話につながります。

 

予測と頭脳プレー

オフ・ザ・ボールでは常に準備するということは分かったと思うが、準備する上で重要になるのが予測である。今までにこの予測の必要性は何回も取り上げているがサッカーでは予測できるのとできないのとだけで大きな差が出来てしまうスポーツです。

予測はサッカーをよく知り色んなパターンと状況を知っておくこと、相手を分析すること、味方を知ることが必要である。サッカーに関する本やプロサッカーや海外サッカーそして自分の試合以外の試合にも観て学ぶということをしてほしいと思う。予測に関しては以前に取り上げた記事も参考にしてください。

サッカーでは予測と動き出しの早さで走力や体格の不利にも勝てる

サッカーが好きならサッカー観戦やサッカーに関することに積極的に取り込もうとする意欲がやがて自分のバリエーションや知識となり頭脳に入りそれが試合で質の高い予測ということにつながる。

サッカーの技術でみなさんから見て上手とかそうでないとかという段階があるように予測にも優れた予測から当たり前の予測まで幅が広い。予測にも段階があると考えておいてください。そしてより学んで質の高く先の先を読むような予測ができるよう知識を頭脳として取りこみ自分だけの持ち味にしてほしいと思う。

まとめ

  • サッカーではボールの保持していないオフ・ザ・ボールの時間がほとんどを占める。
  • ボールから遠く離れたポジションにいても常に回りの状況を把握して準備をしておく。
  • ボールの動く速さは人の動く速さよりもはるかに速い。
  • オフ・ザ・ボールの時に予測するということを忘れずに!
  • 予測するのとしないとではプレーに大きな差が出る。
  • 普通の予測よりも自分しか出来ない相手よりも上手な質の高い予測が出来るのが望ましい。

さいごに

サッカーはたしかにボールを持っているときは技術を必要とし、そのための練習もたくさんしなければならないのは当然なのであるが、試合中のほとんどの時間はボールに触れていない時間である。

その時間の間に何が出来るか?どうするべきなのか?相手は何をするのか?チャンスや危機はどこにあるのか?もう少し移動した方がいいのか?など数えきれないほどの想定できうることが潜んでいます。

このことから体を使う技術以外にも頭脳を使う予測するということもとても大事です。イメージトレーニングなどいつでもどこでも学んだり想像したりして自分なりにバリエーションを増やし知識を頭脳に入れるだけでサッカーが上手になる。しっかり勉強してたくさんの試合を観て学びましょう。

女子サッカーは男子のような動きと比べればスピードは劣る。その分準備の段階での時間の役割が大きく試合を左右する。先に動いた方が断然有利になるのである。なので女子は特に重要視して身に付けてもらいたい。

 

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.