試合メンバーに選ばれるために必ず理解してほしい事と最適なチーム選び

投稿日:

頑張っても努力してもチームのレギュラーになれないのはなぜだろう?と考え悩むことはスポーツをしている人ならそういう壁に当たることもあるでしょう。でもレギュラーやメンバーに選ばれないということも当たり前だということも考えていてほしいと思います。自分以外の他のチームメイトも日々努力しています。頑張るそして努力するというのは自分自身が思うことであって周りからは知らないことで興味はありません。これが現実でスポーツなのです。客観的にどう判断されどう必要とされるかです。

では頑張って技術も高くなり誰が見ても上手な選手になったならどうでしょう?当然レギュラーになれる確率は高くなると思います。でも絶対ではないのです。プロになれるレベルならばレギュラーになれる確率は100%に限りなく高くなりますがそれでも確実とは言えないかもしれません。

それはチームにより方針や考え方またチームの運営目的の違いなど様々な理由が挙げられます。勝つことが目的ではなく真面目な子を優先するチームもありますが、技術的な理由で考えた場合、例えば全国大会常連のようなチーム全体のレベルが高く同じポジションにものすごく上手な選手がいるかもしれません。また同じくらいのレベルの選手が多く、違うタイプだとチームカラーによって試合に出るチャンスも変わってくるなど様々な場合があります。

関連記事

サッカーに特化したスピード、スタミナ、ドリブルを理解して上達する

結局のところ試合に出れるということは可能性が高くなるかどうかって程度で全てはチームのバランスや方針を踏まえ結局のところチームの指揮官に一任されます。勝つ為のチーム編成に選手として考えられるのかどうかということ、チームの育成や方針が鍵になります。だからこそチームの指揮官や指導者というものはきちんと選手を見極められる目が求められ、なおかつ公平という大事な要素を持つことが大前提であります。

でも残念なことにこの公平、平等というところに欠けているチームの指揮官がいるのが存在している現状があるのも事実ではないでしょうか。自分自身が成長して納得してサッカーをしていくつもりなら指導者がどうかというところを知っておくのも大事だと僕は考えています。

良くない指導者とは

いくらか例を挙げてみます。

  • 暴力や体罰を与える指導者
  • 暴言や怒鳴る指導者
  • 選手の好き嫌いが分かる指導者
  • 勝てば指導者のおかげ、負ければ選手たちのせいにする指導者
  • 先入観にとらわれすぎる指導者
  • 褒めない指導者、褒め方の下手な指導者
  • 全選手に同じように接する事のできない指導者
  • 選手の悪口を言う指導者
  • 自分の考えだけを押し付ける指導者
  • 帰れとか辞めろとかを平気で言える指導者

どうですか?思い当たるところがあるのだとしたら個人的な意見ではありますが考えたほうがいいと僕は思います。ただ指導者もあなたと同じくひとりの人間なので全てが完璧というわけではありません。間違いもあれば好き嫌いもあります。そこを踏まえて許せる範囲というものを自分なりに判断するといいと思います。厳しくするのを誤解することの無いようにだけは気をつけてください。

関連記事

コーチが選手を怒ったり叱るという行為は良いの?悪いの?どうなる?

またチームの指導者に疑問や分からないことを聞くのも必要なことです。疑問やわからない事また納得できないことを指導者に話しやすい環境を作れていてコミュニケーションをきちんと取れているチームは選手も考える能力も育ちプレーに自信を持っているしその分迷いがなく判断も動き出しも早く強くいいチームへと繋がっていきます。

逆に選手たちには全てYESとしか言わせない絶対的な指導では選手たちは萎縮して勝つことやプレーに集中するよりも指導者の顔色を気にするようになってしまいます。上の立場の人を尊敬するのは必要な事で当然ではありますが、何も意見させないというような威圧感を選手が感じてしまうチームは選手が楽しく感じない状況になってしまいがちです。チーム内からの不満が外へ広がりチームにも影響することもおきてしまう可能性もあります。

自分への過信

ただ僕がひとつ注意してほしいことは自分がすごく上手いプレーヤーになったと自分自身で思ってないかということです。上には上がいてどれだけ上手くなってもさらに上のレベルを目指し自分をいつも磨いている選手であれば決して今の自分に満足できないはずです。試合に出ること、試合で活躍することと並行して自分自身をさらにレベルアップすることを目指し続けてほしいと思います。

自分のスタイルや考え方に合うチームを

自分が選手としてプレーできる地域のチームはいくつかあるのではないでしょうか?チームにより方針もプレースタイルも違います。全国大会に照準を置いている強豪チームもあれば育成や仲間との繋がりを大事にして勝ち負けよりもチームワークを主とし選手みんなが平等に試合に出るチームもあります。個人技を重視するチームもあれば個人技には否定的でパス重視のチーム、またパスと個人技の両方を取り入れているチームなど様々でどこのプレースタイルが正解なのかも有りません。ただチームの練習内容や試合メンバーの選び方が違うのもこういうことからの違いからあるのだという事も事前に把握して自分に合ったチームを選んでほしいと思います。

関連記事

チームや部活選びで失敗しないために体験練習や下調べでできること

ジュニアユースのチーム選び、強いチーム?どこに重点を置くのか

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.