関西の子供と一緒に行って良かった夏休みの川遊びとバンガローの宿泊

更新日:

子供の夏休みを利用して海水浴もいいけど今回は川遊びもいいということで川と言えば山、山と言えば山小屋!てな感じでコテージやバンガローの宿泊を紹介します。

コテージとバンガローの違いを前回に取り上げたのでそれを踏まえて考えてみて下さい。

川遊びは

岩と川と山

今回は川湯を紹介します!

和歌山県田辺市で熊野川の支流の大塔川での川遊びですが、川原を掘れば温かいお湯が出てくる全国でも珍しい温泉です。

そしてその川での川遊びは流れもそこまで強くなく遊ぶにもある程度の幅もあるところです。さすがに夏場は川原の石がめっちゃ熱いので温泉なのかどうかは分かりにくいですが(笑)

川の水は冷たくてキレイです。魚が泳いでるのがたまに見えます。ゴムボートに乗ったり浮き輪で遊んだりできます。日除けになるテントかパラソルは必要です。雨が続いたりしたら川の水は上昇するので注意は必要です。

ところどころに急に深くなってたりするので、子供と一緒に泳ぎに行くなら絶対に付き添って下さいね。あと小石がごろごろしてるのでサンダルは必ず要ります。水の中に入る用のシューズがあれば最適です。

あと山の天気は変わりやすいので突然の夕立ちもあるかもしれないので。雨はもちろんですが、雷の音が聞こえ出したら片付けをはじめて下さいね。思ったよりも早く降ってくると思いますので行動おこすのは早めにしてください。

回りには売店も何も無いのでクーラーボックスに飲料水や氷、食べ物は持参したほうがいいです。川湯からすぐに旅館が見えるのでここで泊まるのもアリだと思います。

熊野本宮バンガロー

川湯からすぐの旅館もいいんだけれど、車で5分ほど走るとクアハウス熊野本宮ってところがあります。

5人用3棟、7人用3棟、9人用4棟のバンガローがあります。

7人用と9人用のバンガローには二段ベッドがそれぞれ2つずつついてます。

それぞれ水洗トイレ、キッチン、エアコン(有料)、冷蔵庫、寝具、あと調理器具がそろってます。網、鉄板、炭などは持参して行ってください。風呂はついてませんが施設内に大浴場はあるので安心ですよ。

食材と飲料水はもちろん持参ですが、バンガローにしては設備も揃ってるし居心地が良かったです!BBQも建物の横とか前で出きるように設備も整ってます。

持って行って良かった必需品

バスタオル(多めに)、虫除け類、懐中電灯(夜は暗いです)、チェアー(少しあれば便利)

朝も自炊になりますがチェックアウトが10時なので、早めに用意をする方がいいかと思いますが、バタバタして出来る自信がなければパンなど用意しておくといいですね。

最後に

夜遅くなれば声も音もひびきますのでバンガローが隣接してますのでなるべく騒ぎすぎないようマナーを守って下さいね!

川の水は雨が降ると増水するし流れも早くなるので天候にはじゅうぶん気をつけて楽しい思い出にしてください!そしてついでに熊野神社に行ってみるのもどうでしょうか!

 

コテージへつづく

オススメのコテージ

コテージとの違いなどは

バンガローとコテージの違いってなに?予約する前に知っておきましょう

その他の旅行などは

関西の家族と一緒に行って良かった夏休みに旅行した海水浴近くの宿泊

ファミリーで海水浴旅行を楽しみたいパパママに自信をもって提案する3選

関西の子供と一緒に行って良かった夏休みに旅行した海水浴近くの宿泊その2



-旅行 スポット

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.