8人制サッカーのフォーメーション3−3−1と2−3−2を理解しよう

更新日:

8人制のサッカーでのフォーメーションについてコーチや監督またサッカー経験者や保護者など様々な見解や意見があるようだ。サッカーの基本ルールはもともと11人制なので近年になって採用されてきた8人制に親しんで無いのも様々な意見の要因かと思われる。

8人制は大人は未経験

2011年あたりから取り入れられた小学生時代中心の8人制でのサッカー。今の我々大人たちには小学生でサッカーをしている子を持たない人には未だに浸透してなく知らない8人制サッカー。高校生か大学生コーチなら経験者がいてるだろうがまだまだ経験者コーチは皆無に近いのが現状である。その中で試行錯誤しながらポジショニングを決めていくわけだからコーチたちだけでなく保護者などでサッカー経験してた人からも意見は色々とあるのは当然だろう。

11人から8人になると

8人制のコートは11人制のコートより小さいのですがその分数字からわかるようにフィールドプレーヤーが3人少なくなる。3人少なくなるだけで見ててもコートの中の人数はかなり少なく感じる。一般的に11人制だとバック(ディフェンス)は3〜4人だが8人制だと2〜3人となる。また、中盤も8人制だと3人で構成されることが多くセンターは1人にするチームがほとんどのようだ。


フォーメーション

キーパーを除くフィールドプレーヤーだけで構成され、DF(ディフェンダー)→MF(ミッドフィルダー)→FW(フォワード)の順で人数を表すフォーメーションをいくつかあげてみる。

  • 3ー3ー1
  • 2ー3ー2
  • 2ー4ー1

だいたいこの形が多く特に上の2つのパターンがほとんどのようだ。

3ー3ー1

役割がはっきりしていて最も分かりやすい形であると思われる。DFもセンターバックと両サイドバックと役割がはっきりしてる。MFの両サイドハーフは攻めに参加すれば3トップ状態になり攻めに厚みを持たせることができる。またサイドはサイドハーフとサイドバックがいてサイドバックが前のサイドハーフを追い越して前に出る(オーバーする)のもこのフォーメーションの特徴だ。前線のポジションは1人なので壁役になったり単独で抜けたりと役割も多くゲームを左右するやりがいのあるポジションだとも言える。

2ー3ー2

先程の3ー3ー1のポジションと比べると攻めに1人厚みを持たせた分ディフェンスを2人にしたフォーメーション。中盤より前を5人にすることにより攻めの時に人数をかけることができるが、ディフェンスの時は2人なのでディフェンスのそれぞれのスキルはほしい。自チームの両サイドハーフの後ろは手薄になり狙われやすいのでサイドハーフかディフェンダーがいかにうまくカバーできるかが鍵を握る。

2ー4ー1

中盤に厚みをかけたフォーメーション。その分中盤の選手がディフェンスのカバーに入ったり攻めに上がったりと動きと連携が重要になってくる。また、コートの広さからすればミッドフィルダーどうし距離が近いので真ん中がごちゃごちゃになることもよく見かける。きちんと仲間どうし連携をとり距離を的確にカバーを確実にする必要のあるフォーメーションだと思う。

ポジションに縛られない

どのフォーメーションでもカバーや入れ替わるなどの動きと連携が必要なのは共通してる。例えば3ー3ー1の場合だと両サイドハーフと両サイドバックが攻めの時に1つずつ前に上がり攻めに厚みを持たせたり、サイドバックがオーバーしてサイドハーフを追い越した場合はサイドハーフがサイドバックの役割になるよう入れ替わる。ワントップがセンターのミッドフィルダーと入れ替わることをするチームもある。



2ー3ー2の連携

2ー3ー2の場合は両サイドハーフの運動量が鍵を握る。2人だけのDFで守る自チーム側コーナー付近のディフェンスにはサイドハーフの関わりで埋めることができるからだ。そして一旦ボールを持つとタッチライン際をドリブルで一気に相手ゴールラインまで駆け上がる役目もあるので体力とスピードに長けたサイドハーフが居ると面白いフォーメーションになる。

トップの2人も注意が必要で同じように同じところでくっついていては1トップと何ら変わりはなく自分たちで窮屈になっているだけに過ぎない。かと言って両サイドハーフの前の空いているスペースに入ってボールを受けてそのままゴールまで行けたりチャンスを作れるならいいが、スピードのあるサイドハーフの場合だと前に入って相手マークを引き連れて来るくらいならなるだけそのスペースを空けていてスピード勝負しやすいように考えてプレーをするのが望ましい。その分2人のフォワードはゴール前で攻めに厚みを持たせてほしい。センターのMFが2バックだと守備に忙しくなれば2トップのどちらかひとりが少し下がり中盤を埋めるなど考えてチームで連携をとるのも大切になる。

まとめ

小学生サッカーならではのフォーメーションを3つ例をあげてみたけど、結局のところ同じフォーメーションでも動き方や攻め方守り方と個々の能力で全く違うサッカーになる。コーチの基本的な指導や考えも様々なのでコーチの考えを理解してチームとして潤滑に連携をとってプレーするように心がけよう。

関連記事8人制サッカーと11人制の違いとポジションの意味を理解しよう

サッカーで使われる用語集(ポジション、ラインやエリア、カードの名称)

-サッカー

Copyright© 井戸端会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.